FXやってよかった!

経済の仕組みを学習できる

FXではテクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。テクニカル分析を主に使ってトレードをしますが、ファンダメンタルズ分析の事も理解しておく必要があります。ファンダメンタルズと言うのは、経済に影響を与える要因の総称の事です。経済指標や各国の政策金利などを予想し、今後の価格の方向性を占う事を目的としています。
ファンダメンタル分析を理解すると自然に経済に関する知識が身に付きます。FXを始める前には気にならなかった、貿易収支やTPP問題にも耳を傾ける様になります。経済の仕組みを理解できる様になると、アナリストの言っている事も理解できる様になり、自身のFXの技術の更なる向上も見込める様になります。

相場の仕組みを理解できた

FXでテクニカル分析を勉強すると、株式、先物市場、オプション取引などのマーケットでも同じ手法でトレードができる様になります。もちろんマーケットによって取引ルールは異なりますが、価格は基本的に参加者の感情で動くからです。
FXは意外とトレードチャンスが少ないマーケットです。スキャルピングするにも、条件が揃わなければトレードができません。デイトレードのタームでもノートレードの日は普通にあります。その様な時にFXでマスターしたテクニカル分析を使えば、他のマーケットでトレードができます。特に株式市場はFXと密接な相互関係にあるので、大きな金額を取引する時はリスクヘッジを考えながらポジションを保有できます。