FXは安全?

逆指値注文を入れておけば放置しても問題なし

FXで身を亡ぼす原因の第一位は損切りをできないというメンタルの弱さです。FXでまず最初に学ぶ必要があるのが資金管理法です。そして資金狩り法の根底にあるのが損切りの重要性です。損切りとは含み損を決済する事で大事な証拠金を守るだけではなく、リスクリワードを意識して利益を得るための重要な指標でもあります。
損切りをできない人には、逆指値注文がオススメです。逆指値注文とは、エントリーポイントから逆行しても損失を拡大させない様に、自動で損切りをしてくれる注文方法です。従って逆指値注文を入れておけばパソコンをシャットダウンさせて寝てしまっても大きな損害を被る事はありません。会社員などの兼業トレーダーは必ず逆指値を入れ仕事に向かいます。

無理のないポジション管理をすればマージンコールは来ない

マージンコールと言うのは証拠金維持率が低くなると、証券会社から損切り、若しくは証拠金の追加の案内の事です。メールで来る場合と注文プラットフォーム上に表示される場合があります。基本的にはマージンコールが来れば損切りをします。証拠金の追加はリスクの上塗りになるので絶対に行ってはいけません。
そもそも、マージンコールが来ること自体がトレードではあってはならない事です。損切りをできなかったとしても証拠金に見合ったポジションサイズで建玉していれば、簡単にはマージンコールは来ないはずです。マージンコールが来るという事は、欲を出し短期決戦で利益を確定しようとした無謀なトレードの表れになります。FXは損切りとポジションサイジングさえ守っていれば安全な相場取引になります。