FXレバレッジとは?

レバレッジは参加者を増やす為のアイデア

FXにおけるレバレッジとは、証拠金を数十倍以上にして市場に参加するための信用取引になります。基本的にFXでは一回のトレードで取引する通貨単位は1万通貨でした。近年では千通貨単位のトレードも可能になってきていますが、レバレッジを使えなければILOTを持つための証拠金は10万円ぐらいします。また、10万円の証拠金で20pipsの利鞘をにゅいたとしても、2千円程度の儲けです。これでは参加者も増得ないため流動性が高まりません。
FXで流動性が低くなるとイレギュラーな値動きが続き市場は混乱します。そこで考えられたのが、レバレッジです。レバレッジを使えば少額でも参加できるだけでなく、短期売買で利益を出す事が可能と言う事が世に広がり参加者が増えました。FXでは1日の取引量が200兆円を超すまでの市場に成長しました。

損失を限定すればハイレバレッジでも安全

日本ではレバレッジは個人口座で25倍と決まっています。法人口座は特別な制限はありませんが、200倍にしている証券会社が大半です。海外の口座だと個人口座でも200倍以上は当たり前の様にあります。
レバレッジは危険という認識が日本では根強くあります。これはFXが簡単に始められるため、全く勉強していない参加者が大損する事が原因にあります。FXでまず最初に勉強する事は資金管理になります。有名な著書には必ず資金管理の事が書かれているので、勉強してから参入した参加者は大損をする事は絶対にありません。もちろん海外のハイレバレッジでも同じことが言えます。FXに限らず全ての相場で言える事は、必ず一回当たりのトレードの損失を限定させる事です。このリスクを受けいれる姿勢があれば、レバレッジは決して危険ではありません。